披露宴はしないで挙式のみあげる

個人個人で違う結婚のスタイル

ホテルで結婚式を挙げて、その後すぐに披露宴というような結婚式が一般的だったのは、もはや一昔前の話となりつつあります。最近では、結婚のスタイルも様々になってきました。例えば結婚式だけを挙げて披露宴は行わない、披露宴を行ったとしてもホテルでなくレストラン貸し切りで友人達と小じんまりと行う、または結婚式を挙げず、写真撮影だけをする、もしくは入籍だけするなど世間体にとらわれない結婚のスタイルが見られるようになりました。その原因としては、結婚の晩婚化、共働きで時間が取れないことなどの他、価値観の多様化があげられます。ここでは、最近増えつつある、結婚式のみを挙げ披露宴を行わないスタイルについて、そのメリットを紹介します。

披露宴を行わないメリット

披露宴を行わないことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず第一に挙げられるのは、費用が節約できるということです。結婚式だけだと、参加者は親類縁者、もしくはごく親しい友人のみとなります。しかし披露宴を挙げるとなると多くの招待客を呼び、この招待客をもてなすための食事、引き出物の費用などがかかります。披露宴をしなければこれらの費用を、新婚旅行のお金をもっと増やしたり、家具の購入や引っ越し費用に充てたりすることができます。また披露宴を行うとなれば、その打ち合わせをするために会場に足を運ぶことも一度や二度ではないでしょう。忙しい人はこれらに時間を作り出すことも大変です。このように披露宴を行わないということは、実質的なメリットが大きいといえます。