会費制のウェディングパーティー

会費制のウェディングパーティーにはこんなメリットがあります!

ゲストからご祝儀をもらう一般的な結婚式とは異なり、ゲストから会費を支払ってもらうスタイルが会費制のウェディングパーティーです。近年注目を集めるようになったスタイルで、パーティーを行うカップルにとっても、ゲストにとっても経済的な負担が少ないのが大きなメリットと言えるでしょう。カジュアルな雰囲気になりがちですが、こだわりを持って考えれば、一般的な披露宴のようにおもてなしをすることも可能です。

また海外で結婚式を挙げたなどの理由によって、親族やごく親しい友人だけしか招くことができなかったという場合にも、挙式後にウエディングパーティーを開く人も多くみられます。大勢の友人や会社の仲間たちを招いて、アットホームな雰囲気で楽しむことができるでしょう。

あらかじめ注意することを把握しておこう

費用の負担を軽減することができたり、アットホームな雰囲気を作り出すことのできる会費制のウエディングパーティーですが、あらかじめ注意しなければならないことを把握しておくことが大切です。まず最初にこのようなスタイルは、親族や上司の世代にはまだまだなじみが少ないものです。特に立食パーティーとなると、ずっと立ちっぱなしの状態になってしまったり、料理の量が人により偏ることもあります。目上のゲストを招くのであれば、事前に失礼に当らないのかも注意するようにしましょう。

また場合によっては、設定する会費の額によっては、自己負担額はご祝儀制の場合よりも高くなるケースもあります。あらかじめ負担できる金額を設定しておき、会費の金額を決めることが大切です。